2014年02月28日

京橋の雀荘でのルールのお知らせ(4)

条件をしばる理由は、減らすためです。

大きく下がった後は5円や6円あっという間に上がる。
同じカンチャン待ちでも2378待ちなどと違ってカン5はなかなか出てこないんですよね。


無料麻雀牌画

フリー雀荘にも人が 遊んでます
鳳南。


before
今回はあえて、答えは書きません。



序盤、私はジャブでポイントを稼ぎ、中盤は

麻将と書いて、麻雀と読む。

実戦ではどの牌が切られたら鳴くかをあらかじめ決めておかないと「腰」を使ってしまうことになりかねません。


リーチツモタンヤオで2位です。


Amazonの「麻雀ベストセラー」ランキングでも1位と、セールスも好調な様子ですが、確かに
買い!」のオススメ麻雀本です。
麻雀の効用
皆さまのご来店をお待ちしています。


もう1局とかオレあがっちゃうよ?

ここは降りが正解です。


ダンラスが落ちた時の戦い。


「ツモだ!!!!!!」
兄「駄目だこいつ早くなんとかしないと」
結果・・・楽しむ暇もなく、⑦ピンで親に一盃口・ドラ1の放銃。



無論、こともありますが。


12月
皆様、是非、ご来店くださいm(__)m
『こんな日は麻雀牌、それも 全自動だから 音が出ます
妹「勝手に中を想像しないでください! しかもほとんどドンピシャで合ってますし!!」
4mは通るんで安全に行くんなら4mもアリか。
兄「さすがに7筒切りテンパイ取らずが正解だろ。


でも楽しめたし、悔いはないですニコニコ音譜
妹「しかし長すぎたせいで、兄妹会話7割、麻雀反省3割ぐらいになってました。


なかには個性的な人が多い。
前回が……で、今回が…………
通り歩いても 随分と 外国人が 増えましたね
その手がありましたね。

もしくは1sカン。
ほとんどの商品が納期に1ヶ月~遅いのだと2ヶ月かかるとのこと汗
それなのに死に面子リーチしたり一発掴ませ銃が
なければもっとラクに勝てたんだけどな」
『魔神の攻め』渋川難波(著)
リーチかかったらベタオリばっかりです。
②基本、面前でテンパイしたらリーチ!
5月の収支
有名プロ雀士の戦術書が数多くありますが
明らかに非合理な内容や単純なミステイクが散見されます。



是非、春休み中、狙ってみてください。


希望がなければ適当に斡旋します
自分が大きく見せてもまったく意に介さず、
見ない打ち手は、増えてますからね~。


ご来店をお待ちしています。



明日のフリーに不安が残る1日となりましたw
ほい、大三元テンパったアップ(`・ω・´)キリッ

リーチ! 一発ツモ!
裏ドラに祝儀がつくフリー雀荘で麻雀する場合裏ドラの
乗せ方を教わらなくては・・・えっムムム・・・
3位 SM様 77P
こういうところでけっこう使える読みがあるのでメモしておきます。


点数・点差自動計算ツールをリリースしました。


樋口了一 って聞いたことが ありませんでした。


テンパイすら難しいだろ。



兄「おお、登ったwww」
2,3日前 久しぶりに超真面目に
真剣に 麻雀を打つ機会が ありました。


いらないから切る。

インターネットをした。



妹「やはり麻雀はメンゼンが最強ですね!」
「5索切ってまで勝負には行かないよ。

★最新麻雀情報

結果は、ツモりトップでした。
誰も使ってくれないと、こういう時は
健康法で 乗り切っていくんですよね
「日本麻雀ブログ大賞」が今年も開催。
最高段位はほとんどは雀荘の魔術師ランキング調べです。

なお、下の画像の高宮プロのとなりが怪獣です。

兄「まあ今は普通に買えるみたいだけどね。

どんな漫画?」
いつも 仕事では 健康診断を やってたりするそう
(日本プロ麻雀連盟公認段位 四段)
◇第4節あらゆる役を駆使しろ!

だいぶ押しには傾きますね。



妹展開はありませんから」
俺はマイトガインの方が好きだな」
6月5日(日)
愛読雑誌 満開雑誌も含んで、何を読んでる?

2人テンパイなら下家も3万割ってオーラスが大分楽になる。
ツモられるよりはよっぽどマシ。

下家から赤5sならあがる。


雀荘の魔術師配分はラス引きが痛い、収支配分はトップ以外不遇。
「集める人は、集めるし、集め出したら、他店に行くきっかけが減るよ。


(ご苗字の上2文字をアルファベット表記しています。




まず、オリとツッパリの境界線はどこで皆は
引いているでしょうか?これはあくまで、
おいら個人の誹謗中傷だけは ご勘弁願いますね
鳴きチンイツのみでいい。

オカルトシステム№11

あと6時間後には火ぶたは切っておろされます。


但し、(後述)、限定です。
②連絡先(メールアドレス)

大阪 麻雀




おすすめ記事




posted by 笛を吹くぞうさん at 22:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。